近年、ダイエットブームといい様々なダイエット方法が紹介されていますが、実は肥満症の患者は年々増え続けていることを皆さんご存知ですか?肥満になると心臓への負担も大きくなり、高血圧や糖尿病の原因にもなるので正しいダイエット方法で治療しましょう。

肥満症がもたらす糖尿病の恐ろしさ

かつての日本人は、質素な食事を摂り、肥満などの症状に悩む人は少なかったと考えられいます。しかしながら、近年になると、食が欧米化し、脂質や糖質の多い食事を好んで摂る人が人が多くなってきました。
特に、脂肪の摂取量は以前の3倍以上にも増加したことが分かっています。こうした急激な食生活の変化に、糖代謝が追い付かない状態になっており、その結果、糖尿病を発症するリスクを含んだ肥満が目立つようになってきたのです。
ではなぜ、肥満が糖尿病発症のリスクを高めるのか、詳しく説明していきます。飽食の時代になり、摂取エネルギーが増えすぎた状態が続くようになりました。
そのため、体内で糖をエネルギーとして消費したり、蓄えたりするインスリンの必要量が増すようになったのですが、インスリンは内臓脂肪が蓄積すると、抵抗性を示し、働かなくなるのです。よって、インスリンが作用しなくなることで、糖尿病が引き起こされる結果になるのです。
現代の日本では、肥満による糖尿病に苦しむ人が増加していますが、糖尿病の恐ろしさについてより深く知っておく必要があると考えられています。
そこで、糖尿病の恐ろしい症状について解説します。糖尿病は、いくつかのタイプに分類できますが、現在の日本で最も多いのが、2型糖尿病と呼ばれる肥満が関連して引き起こされたタイプのものです。
糖尿病を発症すると、しばらくの間、目立った症状が見られないのが特徴です。その後、3つの合併症を起こします。それを、糖尿病の3大合併症と呼び、糖尿病の最も恐ろしい症状に挙げられるものです。
1つは、糖尿病性網膜症であり、失明の危険性の高い症状です。もう1つは、糖尿病性腎症です。人工透析が必要になる可能性が高くなります。3つ目は、糖尿病性神経症です。足に潰瘍や壊死が見られることもあります。

肥満症と高血圧の関係

歳を取れば誰でも血圧は高くなるもの、そう今までは言われてきました。しかし、近年は若い世代でも高血圧になっているケースは、少なくありません。血圧が高くなる原因としては「塩分の取り過ぎ」が知られています。
塩分を過剰に摂取すると、血中のナトリウム濃度が急上昇します。すると体はナトリウム濃度を下げようとして、血液内の水分量を増やすのです。
血液に水分が浸透した事で、血管壁に圧力がかかり、血圧が高くなる症状が起こります。
「自分は塩分を多く摂らないから大丈夫」と思っていても、他の要因で高血圧になっているかもしれません。実は肥満と高血圧も大きく関係していると言われているのです。
肥満だから必ず高血圧になるとは限りませんが、肥満になると体の隅々まで血液を送る為に、心臓が血液を送り出す際の圧力も高まります。
グッと心臓が血液を送り出すので、血圧が高くなるのです。内臓脂肪がつくと、インスリンというホルモンの抵抗性が高くなり、血糖値が上昇する事でも血圧は上がります。
また、肥満になるという事は、食べ過ぎが懸念されます。食事の量が多くなればなるほど、必然的に塩分の摂取量も増えるので、血圧が高くなるのです。
塩分は塩や醤油といった調味料以外にも、パンやうどんなど一見、塩分が入ってないようなものにも含まれています。ですので、食べ過ぎによっても血圧は高くなる傾向にあります。
高血圧は血圧が高くなるだけでなく、動脈硬化や心筋梗塞、腎臓の病気など様々な重い病気の発症リスクを上昇させる症状です。
肥満の日地が1キロ減量すれば、血圧は約2mmHg下がるとも言われています。ですので、肥満気味だなと感じたら、ダイエットして高血圧対策を行いましょう。

肥満症で病気の併発を防ぐためのダイエット方法

年齢を重ねると体の中で代謝が低下するため、様々な変化が起こるようになります。その一つが脂肪の蓄積で、若い頃と同じような食事を摂っていても代謝が落ちているために脂肪の燃焼能力が低下しているのです。ウォーキングやジョギング等のスポーツを日常の習慣にして、積極的に体を動かすことで代謝を活性化させることはできますが、毎日忙しく過ごしている中高年の方は運動する時間を作ることも難しいでしょう。
しかし、運動せずに脂肪の蓄積を放っておくと肥満症に陥る可能性が高くなります。肥満症とは体に余分な脂肪が蓄積された状態で、特に痛みを感じるような症状ではないために、改善しないままさらに肥満を加速させてしまうことが多いのです。肥満になる原因は単に運動不足だけでなく食生活の欧米化も考えられます。カロリーの高い食事を続けている方は食生活の改善が必要になるでしょう。
肥満症にから起こる合併症は高血圧や動脈硬化、脂質異常症といった生活習慣病が多くなっています。これらの病気は心臓や脳に関係する重大な病気を引き起こすリスクが高いので、発病する前にダイエットを始めましょう。
ダイエットの方法は色々ありますが、まずは食生活の見直しが第一です。過食を避けて栄養バランスの整った食事に改善していかなくてはなりません。肉料理をほどほどにして、野菜や魚、海藻を多めに摂るようにするといいでしょう。
食事で摂取したカロリーは、体を動かして燃焼することが大切です。摂取カロリーと消費カロリーのバランスがとれていれば体重が増えることがありませんから、ダイエット中は消費カロリーを増やすことを心掛けましょう。ダイエットには適度な運動を毎日続けるという方法が効果的です。
★肥満を改善しましょう
ゼニカルで太りにくくする
ダイエットピルについて